柄木田 静香

- コンシェル池袋西武本店 店長 -
柄木田 静香 コンシェル池袋西武本店 店長

前職の経歴

大学卒業後に新卒として入社

入社時の想い

都内の4年制の大学を卒業し、新卒として入社させていただきました。
もともと接客には興味があり接客業を探しておりました。
単なる販売ではなく、お客様とじっくり向き合え、お客様から心から喜んでいただける仕事であるということを伺い、これだと思い入社を決めました。

この仕事をして嬉しかったこと

亡くなられた旦那様とご自身のマリッジリング1セットをどうにか身につけられる形にできないかとご相談がございました。
旦那様のリングは現状のままを残せるようリングを2連の状態にし、チェーンを通す金具を取り付けてペンダントトップにしてはどうかとご提案させていただきました。
また、お客様ご自身のリングには艶消しの加工を、チェーンを通す金具にはお手持ちの石を留める加工を施しお創りいたしました。
お渡し当日はお会いすることはできませんでしたが、とても喜んでくださっていたと聞き嬉しく思っておりましたところ、後日感謝のお葉書をくださいました。
仕上がりにご満足してくださったこと、一周忌に身につけられたことなどが綴られており、そのようなお葉書を頂戴したのは初めてのことでした。
また、大切なリングだからこそ常に身につけそばに置いていただきたい、リングを2連にしてお二人の愛が永遠であることに願いを込めてご提案させていただきましたので、その想いがお客様にも伝わったのではないかと今までにない嬉しさが込みあげてまいりました。

チャレンジ

私は宝飾品について、この仕事を始めてから初めて学びました。
本当にゼロからのスタートでしたが、今では少しずつではありますが仕事にも慣れ知識も身に付いてきたように思います。
ですが、より一層お客様にご安心いただける、信頼いただけるアドバイザーになるためには常に知識を深めていくことが必要不可欠だと思います。
そのようなアドバイザーになれるよう、資格の取得も視野に入れながら宝飾品に対する知識をより深めて参りたいと思います。

この仕事に向いていると思う人

お客様のお気持ちに寄り添える「思いやり」、会話を楽しめる「コミュニケーション力」のある方が向いているのではないかと思います。
お客様がジュエリーをお持込みになるということには必ず理由があります。
何気ない会話の中にもお持込みいただいた経緯やお客様の好みなど、ヒントが隠れていたりするものですから、会話を楽しみ、お客様に安心感を与えられるコミュニケ―ション力が必要だと思います。

Interview

- カデンシアのアドバイザーを紹介 -
Entry 経験者の方はもちろん、未経験者の方のご応募も大歓迎です エントリーはこちら