森 裕子(メインデザイナー)

メインデザイナー森 裕子

国内大手ジュエリーメーカーにてデザインを学び、有名ジュエリーブランドで デザイナーとして
活躍後にカデンシアメインデザイナーに就任。
重厚感あるテイストから繊細なテイストのデザインまで幅の広いデザインを手がける。

アンティークローズカットトップ
デザイン画

アンティークローズカットトップ

お手持ちの素晴らしいローズカットのダイヤモンドを使用して、作りたいペンダントトップがある…
とのお客様よりのご相談。
アンティークなジュエリーが大好きとのことで、ローズカットのダイヤモンドを中心に
バロックパールを放射状に配置したトップをお作りになりたいと、
イメージが固まっていらっしゃいました。

デザイナーのこだわり

お客様にお描きいただいたイメージ図を拝見させていただき、同じイメージのものを…
と思ったのですが、もう少しアンティークなイメージを加えてヴィクトリアンジュエリーのような華やかさを持たせた方が、中央の素敵なダイヤモンドが映えるのではないかと考え、ご提案させていただきました。
バロックパールは敢えて中央に穴を貫通させサファイアのメレーの軸で固定。
軸のイメージはお客様のお好みの燭台のようなディテールです。
アンティーク調の地金のデザインの周りには手仕事のミル打ちを施し、伝統ある工房ならではの丁寧な仕上げで美しさがより際立つこだわりのトップとなりました。
オパールトップ
デザイン画

オパールトップ

ご主人様の特にお好きなオパールのメンズジュエリーを多数お持込みになり、
全てのお石を使ってのペンダントトップを…とのご要望でした。
店頭のサンプルデザインをご覧になり、大振りの植物モチーフがお好みのご様子だったとの
連絡をいただきました。

デザイナーのこだわり

お客様がお好みになっていらしたという植物モチーフを念頭にデザインを考え、大きさも色も違う4つのオパールを花に見立てて、柔らかな茎と葉を
組み合わせたデザインをご提案しました。
具象デザインなので、特に茎や葉の柔らかさを動きで表現することやラインの優雅なイメージを大切に、また、オパールをセットしたときのそれぞれの高さのバランスなども入念に打ち合わせして丁寧に造形させていただきました。
まるでオパールの花が実際に現れたようなエレガントで存在感のあるジュエリーへと生まれ変わりました。
オパールの大きなリング
デザイン画

オパールの大きなリング

オパールが大好きだとおっしゃるお客様。
あまり身に着けないブラックオパールの指輪がもったいないので、
遊び心のあるデザインにリフォームしたいとのご希望でした。
一緒にお持込になったスクエアダイヤのピアスとオパールのルース2石も取り入れて、
リングへのリフォームのスタートです。

デザイナーのこだわり

お客様は小さな手と細い指をしていらっしゃるというアドバイザーの話を聞き、大き目のオパールをうまく指の上に載るようにデザインすることを
心がけました。
結果的に大きさの違うオパールをバランスを取りながらランダム配置にし、スクエアダイヤを添えてみました。
縦に長いデザインのためデザインの面積は大きくなりましたが、きちんと指の上に石が収まって、着け心地のよいリングにすることができました。
ランダムに留めたオパールでフェミニンな華やかさと遊び心も満点。
お客さまにも喜んでいただけるリングになりました。
クリソプレーズネックレス
デザイン画

クリソプレーズネックレス

いつか映画で見たネックレスをお作りになりたい…とおっしゃるお客様。
石は綺麗な緑色で四角の形、それがチェーンに直接ついているようなものだったとのことで、
デザインを承りました。

デザイナーのこだわり

お客様はお若い方…ヌードジュエリーのような気軽に身に着けていただけるシンプルでさり気ないものがお似合いになりそうでした。
伺ったお話から、緑色で美しい色合いの石としてクリソプレーズをご提案。
青りんごのような美しい緑色が特徴のお石です。
石をオリジナルで四角のキューブ状にカットさせていただき、チェーンを通す穴を空けてチェーンにお通ししたデザインを見ていただきました。
イメージにぴったりとのこと。
クリソプレーズは原石を取り寄せて色味を見ていただき、お選びになったものからお客様のためにお作りいたしました。
チェーンもまるで金の糸のように見えるベネチアンの細いものを使用し、究極のシンプルジュエリーが出来上がりました。
セットリング
デザイン画

セットリング

リング2点、ペンダントトップ2点、バングル1点をお持ちになり、全ての石を使ってのリングへの
リフォームをご希望。
ジュエリー上級者のお客様が、これまで身に着けてきたジュエリーをまとめてのオーダー…
アドバイザーの提案は3ウェイに使えるセットリングにアレンジしてみては?というものでした。

デザイナーのこだわり

ふたつのリングをひとつにして身に着けることのできるタイプのセットリングのデザインは、ふたつのリングの個性を全く別のものにすることが
重要です。
お客様のお持込みになられたジュエリーが多岐にわたっていたため、パールや色石、大粒のダイヤモンドに加えメレーサイズのダイヤモンドも
何粒もありました。
メレーはパヴェタイプの内側にはめ込むリングへとアレンジ。
その他の大き目のお石はパールも含めてランダムに並べ指に載せるタイプのモダンなリングへと全く違うデザインにし、何通りにも使えるフレキシブルなセットリングへと生まれ変わりました。
ダイヤG型ピアス
デザイン画

ダイヤG型ピアス

外国にお住まいで年に一度、日本にお帰りになった際に店頭にお見えになるリピーターのお客様から
のご依頼です。
今回は、大きさのまちまちなダイヤモンドのイヤリングを三組お持ちになり、
全部をまとめてピアスをお作りになりたいとのご要望でした。

デザイナーのこだわり

何度かオーダーしていただいているお客様。
前回お作りしたリングに合わせてセットのように身に着けていただけるように…と考えてデザインをご提案しました。
すっきりとした、大振りのG型のピアスの枠に内側に石留方法をいろいろに変えたダイヤモンドのメレーをちりばめたデザインです。
ふくりん留め、レモン留め、爪留めと表情の違う留め方でコントラストを利かせたダイヤモンドをバランス良く配置し、透け感のある軽やかで凛としたジュエリーに仕上げました。

まずはお気軽にお問い合わせ・来店のご予約をどうぞ