[1]   2   3   4   >>   
2021年01月28日(木)

Jewelry Designer’s Column≪感染予防とジュエリー≫

こんにちは、カデンシア&コンシェルのデザイナー石です。

新型コロナウイルスの大流行により、この一年で生活様式が大きく変化しましたね。

マスク着用、アルコール消毒や手洗いは感染予防のために欠かせない習慣になりました。

 

そんな中、指輪を着けたままアルコール消毒をしても大丈夫?と心配された方もいるのではないでしょうか。

今回はアルコール消毒や手洗い等とジュエリーを着用される際の注意点について、ポイントお伝えしたいと思います。

 

◆◆◆◆◆

 

ジュエリーに使用されている金属、プラチナ、ゴールド、シルバーは、一般的なアルコール消毒は問題なく使用いただけます。

この時に注意したいのが宝石です。

ダイヤモンドは問題ないのですが、宝石の種類によってはアルコールの成分によってダメージを受けるものがあります。

続きを読む...

2021/01/28 10:35 | 表参道より

2020年12月30日(水)

理想のエンゲージリングをフルオーダーで…

カデンシア&コンシェルデザイナーのMです。

 

現実だとは信じられないようなことが起こった2020年も、そろそろ終わりですね。

来年は少しでもいい年になるように祈りつつ、気ぜわしい年末を過ごす毎日です。

 

今日は、気分を変えて幸せな物語のお話をしようと思います。

 

先日、素敵なエンゲージメントリングをフルオーダーでお作りいたしました!

以前からのお友達でジュエリー上級者のRさまがご結婚されるとの連絡!

婚約指輪のおつくりをカデンシアにおまかせいただく事になりました。

 

暗いニュースが多い中で久しぶりの明るいお知らせです!

わくわくしながらお待ちしていたお約束の日、リングにお使いになるルース(台座にセットされていない宝石のこと)をお手持ちのダイヤモンドから厳選されてのご来店です。

 

お持ち込み頂いたルースは、中心石に使用するブラウンカラーのダイヤモンドとピンクカラーのダイヤモンドで、どちらもペアシェイプというティアドロップ型にカットしたお石。

そして、メレーと呼ばれる小粒のダイヤモンドも大きさを取り混ぜてお持ちいただきました。

稀少性の高いピンクダイヤとブラウンダイヤの2石を中心石にして、大小のメレーをあしらった個性的なデザインをご希望。

理想のイメージをお伝えいただき、実際に対面でお話しながらデザインのディティールを仕上げていきます。

続きを読む...

2020/12/30 16:18 | 表参道より

2020年12月08日(火)

カデンシア京都店よりハッピーなご報告です💕

こんにちは、表参道事務所スタッフです。

本日はブログをご覧いただいている皆様に、とてもうれしいご報告がございます✨

 

先日、京都店スタッフの挙式がございました❕❕

とても素敵なお写真をたくさん送ってくれましたので、ご紹介させてください😊

続きを読む...

2020/12/08 11:04 | 表参道より

2020年11月30日(月)

Jewelry Designer’s Column≪カラーストーンの楽しみ方≫

こんにちは、カデンシア&コンシェルのデザイナーIです。

日に日に秋が深まり、山の木々が美しさを増す季節となりました。

行楽やスポーツ、秋の味覚を満喫されている方も多いでしょう。

 

落ち着いた色味のお召し物が多くなる季節。

色彩豊かなカラーストーンをコーディネートのワンポイントにしてみるのはいかがでしょうか?

宝石を選ぶ楽しみ方は人それぞれですが、ぜひ選ぶ際の参考にして頂ければと思います。

 

 

 ◆誕生石で選ぶ◆

生まれた月ごとに定められた宝石。

お守り感覚で身につけられている方も多く、皆様も一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

皆様の誕生石はどの宝石ですか?

 

 ◆石言葉で選ぶ◆

花言葉のように宝石に込められたメッセージ。

ご自分へ宝石を選ぶのであれば、例えば頑張りたいときには1月の誕生石でもあるガーネットはいかがでしょう。

ガーネットは目標に向かってこつこつと積み上げてきた努力を実らせる、「実りの象徴」と言われる石なんです。

いまの自分に必要な宝石を探してみる、というのも楽しみのひとつになりそうですね。

 

 ◆色の持つイメージで選ぶ◆

好みの色やイメージカラー。

色の持つイメージを取り入れてみてはいかがでしょうか。

かわいらしい、優しいイメージならピンク系。

爽やかで知的なイメージならブルー系など・・・

その日のお召し物の雰囲気とマッチするような色選びも楽しいですね。

 

 

参考に二つ、みなさんもご存じの色石を取り上げてみました。

続きを読む...

2020/11/30 12:36 | 表参道より

2020年10月08日(木)

Jewelry Designer’s Column≪気になるアレルギーのお話…≫

こんにちは!

カデンシア&コンシェルのジュエリーデザイナーMです。

 

暑かった夏も終わり、すっかり秋めいてきましたね。

これから、秋本番!

いよいよ、ジュエリーで装うのが楽しいシーズンがやってきます。

 

最近、店頭でお客様のお話を伺う機会が何度かあったのですが、ご自身のアレルギーについてご心配されていらっしゃる方が随分と多いように感じました。

暑い夏には金属の成分が汗に溶け出し、アレルギー反応が起こりやすくなるものです。

涼しくなるにしたがってトラブルは減ってくるのだろうと思いますが、アクセサリーやジュエリーは直接お肌に密着するものですので気がかりですよね。

ただ、お話を伺っておりますと、アレルギーの症状が出てしまったことがあってご心配されていても、どの金属に反応してしまったのかをお調べになったことのある方はあまりいらっしゃらない印象です。

 

一般にジュエリーに使用される、K18品位のゴールドやプラチナなどの貴金属は安定した物質のためアレルギー反応が起こりづらいとされております。しかし、実際にはゴールドやプラチナにアレルギー反応を起こされる方は一定数いらっしゃいますので、貴金属だからと言って必ずしも安全とは限らないというのが現実です。

お客様から「金(プラチナ)だからアレルギーは起こりませんよね?」というご質問をいただくことも多いのですが、残念ながら「何とも言えません」というお答えしかできないのです。

 

アレルギー症状は個人差が大きいもの。

まずは、ご自身がどの金属に対してアレルギー反応を起こしているのかをしっかりと特定しましょう。

これは、素人判断では難しいものなので皮膚科の病院でアレルギーテストをなさる必要があります。

もしもジュエリーを身に着けていてアレルギーのような症状が出てしまった場合には、ご使用を一旦止め、素材を確認して、お医者様にお伝えしてみてください。

パッチテストなどでどの金属がアレルギーのもとになっているのかを診断していただきましょう。

 

アクセサリー素材の場合は使用している素材が特定できないことがほとんど…

やはり、すこし心配です。

 

その点、ジュエリーは素材の刻印があるものが大半ですので、どんな金属が使用されているのかが分かることが多いのです。

アレルギーの原因となる金属をご存じであれば、その金属を避けることで安心してお洒落を楽しんでいただくことができますね!

続きを読む...

2020/10/08 09:24 | 表参道より

[1]   2   3   4   >>